FC2ブログ

犬の避難

台風24号直撃の可能性大のため、午後から犬を玄関に避難させています。

P9300004.jpg

朝、帰宅してから、いやに甘えておねだりをするので荒天になるのを感じていたのかも。
台風21号の時は直撃中にパニックで小屋から飛び出てきたので長女が玄関に入れました。
20号の時は小屋でおとなしくしてましたが、確かに21号は強烈でしたからな。

さっき、リードが外れ座敷に入ってきていて吃驚した。
行燈つくりをしていて気が付かず、後ろから甘えに来たので 『うわっ』 となった。

スポンサーサイト

行燈をつくろう ⑥

今朝、帰宅し台風対策を行う。

お昼から、一息寝て行燈の電気配線を行ないました。

故障品工事点滅灯から小型スライドスイッチの外し修理を実施。
ただ単に、接点の錆で導通不良を起こしているだけです。

P9300006.jpg

接点は磨いて使用可能になったけど、摺り減った分上手く接触せんみたいでコツがいるスイッチになってしまった。

P9300010.jpg

行燈が完成してから気が付いた。
スイッチを付けず、豆電球を緩めたり締めたりしてスイッチの代わりにしたら良かったんです。
せっかく障子が開くようにしてるのに、そっちの方が雰囲気もよろしい。
と言うことで、スイッチが壊れたら直結点灯式にしますわ。

そして点灯式

P9300012.jpg

そして猫さんに献灯

P9300009.jpg



行燈をつくろう ④

今日は明け休。

普段は午前中は菜園に出ているのですが降雨のため行燈作りの続きを。

P9270001.jpg

午前中で電気配線以外は組みあがり。

また、しくじりがあり誤魔化し修正を。

P9270002.jpg

寸法間違いで隙間ができたので埋木で誤魔化し。ぱっと見は判れへん。

夕方から、塗装と障子の紙貼り。

P9270004.jpg

着色ニスを使ったけど、なんかもう一つのように感じますな。
黒か白木のままの方が良かったように思いますが、気にせんことにする。

次は、電気配線と点灯式で完了。

行燈をつくろう ③

朝起きたら雨が降っていた。

と言うことで行燈の続き。
今日は台の部分などを作り仮組してみました。

P9250002.jpg

P9250001.jpg

今日はここまで。
後は持ち手を付け、ニスを塗って電気配線と障子貼りで完成。

行燈をつくろう ②

今日は明け休のため一眠りしてから材を買いに行って、物置屋根の補強をしたのち午後5時過ぎから作成と続き



下の台になる部分も作成途中ですが、今日はここまで。

さて、本日のしくじり。

P9240002.jpg

障子の桟に使う材の太さを間違えて購入。

『ま、ええわい』と太い材で桟を組みました。
出来上がってみると、太い方もなかなか良いなぁと。

明日も天気次第で作成の続きをするつもりです。

行燈をつくろう ①

ミニチュア行燈をつくります。

豆電球と乾電池で灯し、招き猫の祭壇に設置の予定。
本当は蝋燭で灯したいけど燃える恐れがあるので・・・

と言う訳で、大工仕事も少し飽きたので今日は午後から行燈つくりをやりました。



工作用の材をホームセンターで買い、寸法は現物合わせで切って木工ボンドで貼り合わせるというプラモデルのような作り方です。
2つ作るので2台分作っていきましたが材が切れた。
また、買いに行かなあかん。

とりあえず、1台分をつくっていき、今日はここまで。

P9220002.jpg

いがんでる。
ボンドが固まってから気が付いたので手遅れです。
壊して一から作り直すほど根気もないし、完ぺき主義でもないのでこのまま行きます。

P9220003.jpg

次回は、材を買いに行くところからですな。


ぽつぽつ修理 ③


雨がなかったので続き。
屋根の桟の補強もほぼ終わり。 L型金具が切れたので明日買いに行かねば。

P9210006.jpg

波板も屋根だけ交換と思ったけど、全部トタンに変える。
とりあえず屋根の部分を更新してから他の箇所もせねばなりません。
結構傷んでますからね。
もともと、傷んだ部分は交換しやすいよう接着剤は使わず木ネジと金具で組み上げているのでそんなに面倒ではないと思います。

人が汗かいて働いてるのに、ぼーっと見ている奴がいる。
『手伝え』と声をかけても知らん顔。

P9210010.jpg

紅ショウガを漬ける

新ショウガの季節。

スーパーで買ってきたが、いい値段しますな。

P9210001.jpg

合計1500円弱
来年は種ショウガを買うて作らねば。

で、皮をむきます。
新ショウガの香りが良い。

P9210002.jpg

剥いたら塩を振りかけて水抜き。

P9210003.jpg

結構水分が抜けます。

そのまま、扇風機の風で陰干し。

P9210011.jpg

表面に水分が見えなくなったので漬け込み。

P9210012.jpg

このまま放置するか一度、お日さんで干すか考えときます。
確か、前に漬けた時は10日ほど経ってから日光干ししたような気がする。


お彼岸


今日は休みなので朝から京都の大谷本廟までお参りに行ってきました。

P9200001.jpg

石畳で何回か滑りこけそうになりましたが土つかずで済んだ。

やっぱり空気が違います。

P9200002.jpg

門信徒は、お骨になってここに納まるのです。

そぼ降る雨の京都も趣があって良いものです。

P9200003.jpg

雨でも和服姿の女性がちらほら居て、「着物が汚れるなぁ」とよく見ると、外国の観光客のようでした。
見た感じ、東南アジアの方とか中華系の方と見受けました。
1組だけ男性も和服で決めてるカップルがいましたが、中国語のような感じで話してましたな。

レンタルやったら汚れても構わないし、せっかくの京都なんで和服を着て散策なんでしょうね。
関空も鉄道が復旧したし、また沢山の観光客が来てくれることでしょう。

招き猫 +


床の間で丁寧にお祀りしている招き猫さま。

少し寂しいような気がしたので、追加分で手ごろなものを探しておりましたところ、うまい具合に黒猫と三毛猫、両手を上げたバンザイ猫(お手上げ猫ともいうそうな)のセットを入手。



大きさも思っていた通りで、しかも貯金を行った形跡がありました。
どこぞの子供さん(多分いまでは、いい年の大人)が小遣いを貯めたと思われる。

ここが肝心。

お祀りするためには貯金の念が憑いてないとあきません。

と言うことでさっそく梱包を解いてきれいに磨く。
三毛猫の方はソフトビニール製でした。 ちょっと驚き。

子供のころ、郵便局とか銀行でソフトビニール製の貯金箱を貰った覚えがありますが招き猫は初めて見ました。
お顔は自分好みなので問題ない。
ただし、裏の蓋が紛失しておりましたので黒猫さんと共に厚紙で蓋を作り糊で張り付けときました。

黒猫さんには100円硬貨。ソフビさんには50円硬貨を奉納します。

合間見て祭壇を作り、格好良くお祀りできるようにせねばなりませんな。