FC2ブログ

梅干を漬けよう ⑦

いよいよ、天日干し。

台風一過でからりと晴天にはなってないけど干します。

P7300001.jpg

出してみて、なかなか良い色ですが梅に固いものもあります。
これは梅の熟成が足りないのですが、致し方ない。
今年植えた梅の木が成長して梅が取れるようになれば解決します。

紫蘇も干します。

P7300002.jpg

しかし、実家の干場も木がヘタってきてます。
確か、20年近く前に親父と一緒に張り替えものです。
屋根の波板もヘタってきてるし、合間見てやり替えですな。

梅酢も日光に当てます。

P7300003.jpg

梅酢は紅ショウガを漬けるのに使います。
新ショウガが出回るころまで保管です。

この干場は午前中のみ日が当たるので4日かけて干す予定。
屋根があるので小雨程度なら問題ないのが有難い。
スポンサーサイト

仕上げ砥石の試用

先ほど、先日買った#3000の仕上げ砥石を使ってみました。

まずは、錆鋸刃で作った小刀

P7280002.jpg

カメラが写ってます。

次に他の包丁3本を砥いで

P7280004.jpg

さらに切出しナイフも砥いで砥石表面を撫でてみると凹みがある。
修正砥石で軽く擦ってみると

P7280005_1.jpg

中央部が減っています。
ここは包丁の切っ先を砥ぐのに使ったからでしょう。
綺麗に修正しておきました。

使ってみて、『買ってよかった』 というところ。

これで、あとはウデを上げて、切れ味を極められるようになりたいなと。
仕上げ砥石はもっと番手の細かいのがあるので、それを使いこなせるようにボチボチやっていきます。


ぬか床を休ませる

猛暑のおかげか、ぬか床の具合がよろしくないので休ませることにしました。

丁度、酒粕の袋があるのでこれに入れて冷蔵庫で冷やしておきます。
入りきらんかったのでレジ袋も使って。

ついでに、漬物甕も洗って。

P7250011.jpg

盆過ぎ位まで休ませようかと思っています。

奈良漬に挑戦 ③

塩漬けは終了として、酒粕に漬け込みました。

塩漬けの状態。



タオルで拭いて陰干し6時間。

P7250003.jpg

酒粕とザラメを混ぜる。
こちらは最初に買った酒粕。

P7250005.jpg

これで、塩漬け瓜に酒粕を塗り込み漬けて行きます。
奈良漬用として売られているもので固めで飴色のものでした。
冷蔵庫で保管していたのでさらに固くなってザラメを混ぜるのに時間がかかりました。

次に追加で買った酒粕にザラメを混ぜます。

P7250007.jpg

こちらは柔らかいもので混ぜやすいし漬けやすい。

これで、全部漬けることができました。

P7250009.jpg

新聞紙で蓋をして寝かせます。

P7250010.jpg

10月ごろに開けてみて、味見と漬けなおしをしようかと。
この時に、酒粕も上下を混ぜてしまおうと思います。

なお、来年も挑戦するつもりなので、飴色の酒粕10kgを買うつもり。

仕上げ砥石を買いました。


どうも、父の形見の仕上げ砥石は包丁砥ぎをするとすぐに凹んでしまうし傷も入りやすい。
これは、カミソリ用の砥石のように思うので、#3000の仕上げ砥石を1790円で購入しました。



もっと細かい#6000の仕上げ砥石もあったけど、これはもっとウデが上がってからにします。

この砥石は台付きでプラの板に取り外しができるゴム足がついています。
安っぽくて気に入らないが、未熟者の練習用なのでこれで良いとしましょう。
プラの板は外せなかった。

P7220002.jpg

気に入らないといっても一生ものになるのは間違いないので長い付き合いになりますな。

奈良漬に挑戦 ②

かなり水が上がってきてます。
スイカほどではないけど、白瓜の水分も相当な量であることがわかります。

P7210001.jpg

今日は、重石を10kg → 5kgに落とします。

P7210002.jpg

念のために重石は焼酎を吹きかけています。

これで後3日、漬けといてから酒粕に漬け込む作業となる。
追加注文の酒粕も明日、届くらしいので間に合いましたわ。

ケチの醍醐味

奈良漬用の踏み込み粕が届いたのですが、実物を見ると量が足りない模様で。
しゃーないので追加注文しました。

最初から10kgを注文しといたら送料が得やったのにと、ちと後悔。

こういうセコい買い方をして結局は高くついてしまうのも ケチの醍醐味 ちうもんでしょう。

極楽

猛暑が続きます。

タイルは冷たくて気持ちがいい。

P7190006.jpg

奴はウトウトしていました。

奈良漬に挑戦 ①

春からの予定である奈良漬に挑戦。

奈良漬はもちろんのこと、粕漬は全く初めてなので、どうなるか興味があります。
ネットの奈良漬レシピ通りに漬けていきます。

まず、白瓜の収穫は5本。

P7190001.jpg

良く洗って半分に割り、中のワタを取り除く。

P7190002.jpg

ワタの部分に塩をたっぷり入れて漬物樽に入れる。

P7190003.jpg

念のため、漬物樽、中ブタ、重石(10kg)には焼酎を吹きかける。

P7190004.jpg

新聞紙で蓋をして、1週間の下漬になります。

P7190007.jpg

今日はここまで。

肝心の踏み込み粕はネットで注文してるのでもうすぐ届くでしょう。
レシピを拝見すると仕上がりまで結構、日にちと手間がかかるようなので気長に。

なお、踏み込み粕(5kg)は送料込み2500円でしたが、Yahooショッピングで500円のクーポンが使えました。


ノートHDD交換

HDDをSSDに交換完了。

ごく簡単で1時間もかからずでした。
もっとも、元のHDDも使用容量が少ないためクローンに30分程度かかっただけでしたので。

交換してみて、やっぱり立ち上げ~ソフトの起動が早い。
SSDに変えただけの値打ちはあります。

クローンソフトはWestem DigitalのAcronis True Image WD Edition を使用。
元のHDDも購入したSSDもWD製なので使用ができました。
SSDのフォーマットもせずに画面指示のとおりの操作で簡単に完了。

P7150003.jpg

SSDはケースに入れてUSBにつなぎ、クローンを作成します。

P7150002.jpg

完了すればノートの裏ブタを開けてHDDと交換。

P7150004.jpg

P7150005.jpg

外したHDDはケースに入れてフォーマットして外付けHDDとして使用します。
ケースも1000円で買えました。

ちょっと古いノートパソコンもSSDに交換で快適に使えます。
ケチの精神に反した行為ですが満足です。

これで冬のボーナス後に、自作PCもSSDへの移行確定ですわ。