FC2ブログ

もうあきません。

ついにエアコンを入れてしまった。

電気代が嵩みますが、1回入れたらもうあきません。

20代のころはクーラーが苦手で暑い方が良かったのですが寄る年波というやつです。

熱い風呂に入ってエアコンの効いた部屋で扇風機をかけて体を冷やす。
これ、本当に気持ちが良い。

考えようで、これも楽しみの一つなんで、他の楽しみより安上りかも。
となると、これも節約の一環になるかもしれませんな。

スポンサーサイト

秋まで寝かせる



タマネギの跡を秋まで寝かせます。
今までなら、『もったいない』とサツマイモを植え付けて秋野菜の植えるところに窮するのですが今年は、堆肥を打ち込んでこのまま放置。

白瓜。
一つ実がついてました。

P6280002.jpg

横にも幼果がついてます。

トウモロコシの穂が出始めました。
夏の始まりです。

P6280003.jpg

トマトの収穫

 トマト第1号の収穫。

今年のトマトは沢山実がついてますが、コレからが大切で虫や尻腐れ病にやられないように注意が必要です。

P6270001.jpg

梅干を漬けよう ⑥

紫蘇がまた大きくなったので梅干に追加して漬けることにしました。

例のごとく水洗いして2回塩もみ。



梅干の樽を開けてみると・・・

P6270004.jpg

紫蘇の追加は不要みたいですが、揉んでしまったので追加しておきました。

そして、重石を2.5kgに減量。
重石が濡れてるのは焼酎を吹きかけたからです。

P6270006.jpg

P6270007.jpg

これで、1か月ほど漬け込んでから干すのです。
『土用干し』と言いますが、この辺はお天気と相談になります。

数年前に漬けた時は『土用に干さねばならぬ』と曇り続きの時に干しましたが、何とかなりました。
今から思えば知識の不足で笑い話なんですけど、別に8月になってからでも問題ないので梅雨明けの晴天続きの時を選んで干します。

小刀の刃付け


100円砥石の試しにと、先日の小刀の刃を付け直しを再開しました。

100円砥石では作業が進まない(一応、#120 #240の両面用です)ので、薄くなった荒砥に変えて
作業再開。

中砥、仕上砥と進み、1時間弱で一応使えるところまで進みました。

P6220006.jpg


前の刃と比べると大分良くなったと思います。

P6220005.jpg

しかし、まだ上手く砥げないので刃が丸くなってます。
一応、新聞紙もスパッと切れるところまで行けたので、使いながらさらに切れ味を追求したいと思います。


100円ショップの商品


月1回の通院のついでにコー〇ンの併設されているダ〇ソーへ行ってきました。

ワークショップで買った靴。
地下足袋みたいな底になってるもので昔は足袋靴と言ってましたが、これが好きなのです。
ワーク〇ンで売っているものが1足680円です。
履き替え用に2足買っても1360円と安い。ゴム底もしっかりしてるが中敷きがあきません。
弱いし、糊もよくないようで1回洗うとはがれてくる。

P6220001.jpg

先日、会社で100円中敷きがあると聞き、今日2足分購入して交換しました。

P6220003.jpg

剥がした中敷きに合わせてカットするだけで履き心地も良しで安く補修ができました。
これで、ゴム底が擦り切れるまで履けますな。 しまつしまつ。

次に砥石

P6220004.jpg

使ってみたが、硬くて使いにくなぁと。
実際、30年以上前に買った荒砥石の方が掛かりがよく作業が進みました。
まぁ。100円ですからね。
家庭用砥石で、荒砥と中砥を買うと2000円は要るので割り切ればお得かなと。
私は、荒砥と中砥の平面出しに使いますわ。

凝ってきた。

どうも、包丁砥ぎに凝りだしたようで、合間見てちょこちょこやってます。
昨日の砥石台を使って、今日は計2時間くらい、ごしごしやりました。

今まで、我流でやってましたがYouTubeなどで砥ぎ方の動画を拝見すると、如何に間違えた研ぎ方をしていたのがわかりました。
それで、先日から練習がてらで三徳包丁というんですか?薄手の申し訳程度に刃がついた包丁を砥いで切れ味を試しておりましたが今日は荒砥をかけて刃こぼれの修正もかねて思い切ってやりました。一応仕上げ砥石も使って夕食に間に合わせました。

P6190001.jpg

砥いでる途中で自分の指で先の尖り具合(突き味)を試してしまったりしましたが、なかなかの突き味と感じた次第。
切れ味もまず十分と感じましたが、もっと切れるようにしたいのが人情というもの。
昔から家にあった砥石では不十分かな?と。

ということで、例のごとく凝りだしましたな。
『パチンコで負けるよりマシ』で、ちっと出費があっても物が残るし、ウデも上がります。

先日の、自作小刀ですが刃の付け直しをします。
荒砥で砥ぎはじめましたが、時間がかかりそうです。
もっと鋭角に刃をつけてよく切れるようにしたいものです。
P6190004.jpg

砥石台をつくる


つくるといっても、板材を買い、現物あわせで鋸で挽いて木ネジでとめるだけ。
工作とも言えない代物なんですが、さっそく使ってみて、『良い』 と思います。

こっちは流し台用。
段差があるので、下駄をかましてあります。

P6180037_1.jpg


これは移動用。
丸い桶の内側に下駄をはめてあります。

P6180034.jpg

まだ、板が残ってます。
製作費は350円でした。

梅干を漬けよう ⑤

予定通り、今朝シソを摘んできてシソ揉みをして漬け込みました。

軽く水洗いをして

P6180037.jpg

塩をたっぷりかけてモミモミモミ
アク汁を搾りだしてこの状態。

P6180038.jpg

梅酢でほぐして漬け込み。
もう少し、シソが要るように思うので菜園のシソと相談ですな。

P6180039.jpg

時折、カビの有無を確認しながら、干す日まで漬け込み。

P6180040.jpg

菜園の整理


先日の梅の植樹もそうなんですが、ちょっと整理にかかっています。
物置の横に小屋を追加して作業場にしようと企んでおります。

ちょっと大きな作業は家でやっていると邪魔者扱いされるし、駐車場は屋根がないし当然、車があれば作業出来ません。
それで、刈り取った草を積んでいた場所(小屋の横の堆肥製造場所)を片付け中。

堆肥はキャベツの畝に入れて、ナイロンをかけて秋口まで寝かせます。

P6130034.jpg

タマネギの跡も堆肥を入れて同じく寝かす予定です。
本日はここまで。