FC2ブログ

お札をお祀りする効能

あ札をお祀りするようになってからの変化は下記の如し

1、こまめに掃除をするようになった。

2、清浄な環境を好むようになった。

3、和やかな満ち足りたような気分がつづく。

以前は、掃除が面倒で「また、今度やろう」とズルズル引き延ばして気が付くを綿埃が舞う汚部屋と化しておりました。
ここまでくると、さすがに掃除をせねばならぬと。

また、お供えの盛塩は、湯船に入れて低濃度塩水風呂にしてます。
これも、体が清められた感覚が心地よい。

ほとんどお金を掛けずに、これだけ気持ちの良い生活が遅れるとは思いませんでしたな。

神道とは、『教えを受けるものではなく、自分で何かを感じ取るもの』であると文章を読み、納得した次第。





スポンサーサイト

清浄な気分に

月曜日に会社に生えている榊をもらい、お供えしております。 



何か清浄な気分になるのが不思議な感じ。
ちょうど、神社に行って清浄な気分を味わうような。

50を過ぎて、信仰心が芽生えてきたような気がします。

三途の川も遠くないし、そういう歳になったということでしょうな。


鉄瓶

さっき届きました。

ほとんど使用してないようで綺麗な状態。
送料込みで3900円でした。これは儲けた。

早速、湯を入れて火鉢にかけて沸かしこみ。



やっぱり、火鉢には鉄瓶が良く似合う。

注連縄


一昨年栽培した陸稲の藁を使い注連縄を作りました。
紙垂は、頃良い大きさを試行錯誤にて決め、作成。

良い感じになったと思います。

P1210011.jpg

去年は面倒くさくなって稲栽培(遊びでの栽培です)はしなかったが、今年からはまた再開せねばなりませんな。

注連縄も年末に販売されてるけど、買えばいい値段しますからな。

注連縄については、以前地区のお役で氏子総代をしたときに神社で作成したので作り方を覚えました。
地区のお役もやれば色々と勉強になるものです。


御札をお祭りせねばなりません。


以前から御札は実家の戸棚に祭っておりましたが、これではイカンと。
と言う訳で、自室にお祭りすることに決めました。

神棚とか高いし、お社みたいな神棚はどうも気に入らないので御札立て形式のものを作りました。



写真で見るとまあまあに見えますが近くで見るとガタガタではあります。
費用は、材料費1000円+神器類で、合計2000円弱。

お神酒は最初から、お供えしない決めていた(下で、私が飲むからお供えの代わりになるはず)。
と言うことでいい感じに収まったように思います。

御覧の通り、仏間形式に作られた部屋ですが良い感じかなぁと。
恐らく遺影を掛けていたと思われる金具が上についているので注連縄を作って掛けようと思ってます。
榊は会社に自生しているものから戴いてくる予定。


和もの

自画自賛ながら、関東火鉢は良い。

お茶を啜ってキセルをふかしながら手あぶりをして若い者に、お説教。
時代劇の1シーンを思い浮かべます。


残念なのは、鉄瓶の代わりに安物の笛吹きケトルが乗っている。
しかも、笛が壊れてタダのケトルなんです。

カネの無い本物志向のワタクシとしては、南部鉄瓶を入手しビシッと決めたいところです。
あと、灰ならしは小型のお好み焼きテコ(100円)。火箸は真鍮丸棒で作ったものを使用しています。
写真左側の炭箱も手作りの品(合板製)。
ここら辺も気に入った物があれば更新したいものです。

全て、十分使えるんですが、本物志向としてはちょっと・・・




おつとめ品


ちょっと、スーパーへ買い物に行って、おつとめ品コーナーに良いものがあったので購入。



本日賞味期限でしたんで半額でした。

食べてみると、おいしい。

甘味品が好きなので、得しましたな。

蕪漬けでも

日曜日に畑で採ってきた蕪をぬか漬けにし、さっき出して試食。
まぁ、食えないことはない程度なので塩こぶをまぶして食べることにします。



漬物も買えばいい値段しますからね。
家で漬ければ、ぬかとか塩の代金でできます。

30坪ほどの菜園もあるので、ぼちぼち載せていきますわ。


光明が差してきたか

ここ数年、どうも気分が乗らないことが多く、途中停車中のものが多くありました。
若干鬱の気があったのかもしれません。

年明けから、ようやく気分が乗ってきたような感じ。
光明が差してきたように感じられます。

途中停車のものから片付けていきたく思います。
鬱を散じて明るい日々を過ごしたいものですね。

今日も、伊勢うどん食べました。餅は3個焼いて。
うちは、いまも杵つき餅なので美味しいです。
これも写真撮っといたらよかった。
年末の楽しみ行事ですな。

去年は腰痛のおかげで餅つきはできませんでした。




伊勢うどん

義妹のお土産でいただきました。

普通のうどんかと思ったが、説明につゆに絡ませて食べるそうで早速お昼に食べました。

P1070004.jpg

餅を2個焼いて一緒に食べると美味かった。
付属のつゆは、餅にもよく合いました。