FC2ブログ

やっぱり死んだか


和歌山発砲事件の犯人が死亡した由。

助からんやろうなと思っておりました。
腹部を撃たれるとまず助からないと聞いていたし、銃口から出た弾丸はすり鉢をするような感じの回転から安定した回転に移行する。直接腹部に当てて発射すると弾丸がすり鉢をするように内臓を広範囲に破壊するらしいです。見たことないの書物の知識ですが。。
それに、子供の頃に南方戦線を語ってくれた、どこぞのおっさんの体験談。
『機銃掃射で撃たれた奴は弾が入ったところは小さい穴やが出たところは大きな穴が開いとった。そしてケイレンしながら死んで行きよったわ』と。

警察も残念でしょうね。背後関係を調べるために生かして捕縛したかったはず。
クスリ、拳銃の入手ルートを解明したかったはず。

今日も朝からヘリの音がしょっちゅうしてましたが、静かになりますな。


スポンサーサイト

貧困への道


考えてみたのが、貧困は自分が招いてしまうのではないかと。

例えば、ギャンブルが好きで稼いだお金をつぎ込んでしまう。
或いは、酒を飲まずにいられなくなり仕事に支障が出る。
さらに、借金癖が付きクビが回らなくなる等々。

やっぱり、若い頃から将来のことを考えて堅実に生きている人は貧困にあえぐことも無かろうと思うのです。
確かに、仕事は運もあり自分の力ではどうしようもなくなる時もありますし、失業してしまうこともあります。

特に、高齢になってか失業してしまえば相当に厳しいですが、何時かは定年等で無職になる。
この辺を、考えて行動してきた人はそう、憂いもないでしょう。

若い人は誘惑に負けず、お金の勉強をして貧困への道を断つようにしてください。



感動の押し売りみたいな感じ


毎年恒例の24時間テレビ。嫁さんは大好きで今年もテレビにかじりついて見てました。
私は、昔から感動の押し売りみたいな嫌な感じがするのでまず見ません。

番組内で障害児の富士登山があったらしく、批判を浴びている由。

足に障害のある子に富士登山をさせるのは如何なものでしょうかね。
大人でもキツイ富士登山。その子は疲労困憊の様子であったとの事。
当り前ですわな。

どうも、こういうところが嫌いで見ないですけど、同じように思われる方も多いんですね。

無茶なマラソンとかもそうですけど、しまいに雪の八甲田山に行かされるんでないかの?





和歌山の発砲事件


昨日、お昼のニュースで発砲事件を見て驚きました。
うちは事件現場から20kmほど離れているので、とくに恐怖心はありませんが事件現場はかつて配送業務でしょっちゅう通っていた場所。
もちろん、犯人とは面識はありませし会社名も記憶にない。

うちの田舎町でもマイク放送で警戒を呼び掛けたり、パトカーの巡回があったりと、緊迫した雰囲気があります。

和歌山市内に潜伏してるのか、または、大阪向いて行ったのか。
拳銃に弾は残っているのか。

この辺も気になるところです。

早く捕まってほしいし、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに負傷された方の回復を祈念致します。

流行を追うのは


流行りの物は、その時々で移り変わります。

今、流行りの物を追うのは楽しいですが、流されないように気を付けねばなりません。
よく考えてみれば流行りの物はお金を使うようにできています。

ほどほどにしておかないと、見る間に小遣いがなくなる事にもなりかねません。

今、大流行しているポケモンGO。
これも、夢中になって事故を起こしたりしてますね。
車を運転しながらゲームをするのは無茶なことで誰でもわかるんですが夢中になってしまうと、ついやってしまう。
事故を起こせば大きな損害が出る。
また、家族や他人を不幸にする。

流行を追うのはほどほどにして、しっかり自制心を持たねばなりません。




いよいよ白熱してきましたな。


日本大使館前の慰安婦像撤去騒動。
この記事に書かれてますが反対運動がいよいよ白熱してきている様子。

ここからは、韓国政府の仕事なので高みの見物とさせていただきましょう。

日韓スワップ協定 いよいよ締結のような感じですな。
韓国も蝙蝠と一緒やな。中国へ付いたり、こっちへ寄って来たり。
中国についてた時と手のひらを返したような対応に見えますがね。

政府間はどうであれ、我々日本国民は韓国側から受けた仕打ちは忘れてはいけません。
ま、韓国のように1000年も恨み続けなくても良いですけど。

えらい間違いを


8/27 無駄遣いについて の記事で杉山会長の借金地獄に落ちない秘訣の個所。
間違っておりました。

『気の弱い者、真面目に人生を渡っていこうとする者はサラ金に手を出すんじゃない。
もし借りるのであれば、短期間で1社から低金利の金を必要最低限借りること』

でした。

お詫びして訂正いたします。

P8140042.jpg


小を積んで大を成す


昔からの格言です。

小を積み重ねていくには努力と時間がかかる。
どうしても、ギャンブルや宝くじで一攫千金を夢見てしまうのは致し方ないですね。

しかし、現実には濡れ手に粟のような笑いが止まらんことは、まずないです。
ごく一部の才覚のある人はそうでもないかもしれませんが、コツコツ積み上げていった方が安定感が違いますね。

色々と書籍や記事を読んでいても、一攫千金を得て生活が破たんする例は極めて多く堅実に生きる方が結局は得になるようです。
やはり、ケチの精進を重ねてコツコツと積み上げていきましょう。



親の遺品


小銭貯金を復活させたので、久々にケチの精神が泉のように湧き出てきたような気がします。

それで、思い出したのが母親が使っていた小銭入れ。すっかり忘れておりましたが本日確認すると沢山入ってましたわ。
3000円程度かな? と言うことで、小銭貯金に回させていただきました。

母親の遺品整理をしていた時、あっちこっちから現金が出てきましてね。
何万円か忘れましたが、分散して置いていたようです。

ちょうど、姪が2人いたので 「おばあちゃんからの小遣いや。もっとけ」 と渡したんです。
今から思うと、ちょっとボケが入っていたか被害妄想みたいな感じでしたね。
よく 「取られる」 と心配してましたから。

小銭貯金の再挑戦


よそ様のブログを拝読して、小銭貯金の効果をあらためて考えてみました。
小銭を貯金箱に入れると財布が札にになり使うのが惜しくなる。
また使えば、小銭ができるので貯金が増える。

反対に、貯金箱に入れた分小遣いが減るので口座から下ろすことも出てくる。
色々考えましたが、再挑戦して結果を見ようと。

「確か、昔に銀行から貰った貯金箱があったなー」 と探してみると出てきました。
それと、1円玉の入ったお菓子の容器も。

P8280063.jpg

そのお菓子の容器には賞味期限2003.2.4とありますので、その頃に小銭貯金をしていたのでしょう。

よくよく考えてみれば、小銭貯金が続かなかったのも、自分の意志が弱いか、物欲に負けただけかも知れませんなぁ。

今回は500円玉は除外して再挑戦します。