FC2ブログ

公務員(砲兵)時代の思い出 ④

入隊から1か月位で広報休暇なるものを戴き、帰省することになった。
要は、「お前ら、里へ帰って自衛隊をアピールして来い」と言うものです。

もう、シコシコでは我慢できなくなってきていたので大喜び。帰省途中に同郷の隊員と大阪の飛田新地で遊ぶ事にしました。

当時は、飛田新地は知らなかったので堂々とした風格に感動しつつも頭の中はアレばっかり。
適当に店に入って30分。少し年上のお姉さんが相手でスッキリ爽やか。気分爽快でした。
尺八オバさんとは大違いじゃ。

その後、どうしたかは記憶がない。たぶん、天王寺駅 (当時は天王寺-飛田本通‐今池町の南海電車が走っていた)からまっすぐ帰ったと思う。信太山へは寄らんかったはず。


スポンサーサイト

蓄財の意義

欲しいものを手に入れるため。楽しい家庭を築くため。健康的な生活を送るため。通帳の数字を眺めてニヤニヤするため。色々ありますね。
人それぞれ目的があり、貯める意義も違ってきます。

がっちり貯めて夢を叶えましょう。

衝動買い

元々、無駄遣いをする方ではないですが時々衝動買いなどします。

買ったものの、ろくすっぽ使わなかったりも良くあります。

この欲望を押さえて我慢できればもう少しお金も貯まるのでしょうがね。

公務員(砲兵)時代の思い出 ③

営内生活にも慣れてくると性欲が旺盛になってくる。体を鍛えるのが商売であるし若いからね。
しかし新隊員は外出が禁じられている。ということで、売店でエロ本を求めて便所でシコシコと。
ホモに走る奴はいなかったと思う。

暫くして外出が許可されて、京都へ行って遊びました。と言っても大阪のような遊郭の名残のあるような場所は知らないので成人映画を見たりしましたな。
忘れられないのが、その映画館で気持ちの悪いオバさんがウロウロしていたこと。あっちこっちの座席をまわってモゾモゾしとる。
しょっちゅうクチをティッシュで拭いている。「こらぁ、絶対尺八オバさんやで」と思いましてな。
いくら溜まっててもあげなオバさんに尺八吹いてもろうては一生の恥と身構えましたわ。

ついに、オバさんは、わしの横に来くさった。  「無視や無視」と知らん顔してたら離れて行ったのです。

あの時、オバさんに負けて尺八吹いてもらってたら未だに情けない思いをしていたでしょうな。



足元とられる

小~中学生の頃ですね。
夏休みの午後に花登筺先生の、ど根性商売人ものドラマが放映されてました。
「細うで繁盛記」「あかんたれ」などありました。

その中で題名は覚えてないけど、両親を亡くした子供が商売を覚えていくものがあり最終話で「金に足元をとられるなよ」と
負けた社長が、勝った子供に言い聞かせる場面がありました。

少し儲かると有頂天になって欲を出す。結果、すってんころりと転ぶと。

私ら、転ぶだけの金がないですが、将来は転べるだけの資産を持ちたいものです。

金で買えるもの

やっぱり、寿命かな?
延命は買えますが何れは三途の川を渡らねばならない。

他はどうかな?
偽りの愛情、別嬪さん、おいしい食事、楽しい生活、健康、自由。
うわべだけの人心。悪評、恨み。これも買えますな。

やっぱりお金は大切。

64式小銃

今、ネット情報で64式小銃の部品脱落にテープを巻いて云々の記事を読みました。

確かに、写真を見ると握把や銃床にテープが貼ってあります。 部品の脱落でないと思うのです。

私が64式小銃を扱っていたころは、部品の脱落事故なんぞ1件も起こらなかった。
もちろんテープも巻いてなかったです。

64式7.62mm小銃

記事の中で『分解結合はかなり複雑』との記述がありますが、機関部は工具なして分解結合が出来ました。慣れれば1分程度で分解も結合も出来たと思います。

不気味な挿絵

ドラゴンブックス『ミイラ大百科』を立ち読みして固まってしまった挿絵です。
和歌山県立図書館に蔵書があったので借りて撮影しました。

復刊ドットコムの投票に、ご協力をお願い致します。

石こづめ

ミイラ大百科

昭和49年頃でしょうか、隣市の書店で立ち読みして固まってしまった本です。
ドラゴンブックスのシリーズで、どれもオドロオドロしい内容ですが同世代の方なら記憶があるはず。
不気味な挿絵と解説。大人になれば嘘くさいと分かる内容ですがね。

復刊ドットコムで復刊投票してますので、ぜひご参加ください。



価値観

お金の価値など、その人の状況で変わるものです。

明日のメシにも困る人なら1000円で2~3日はしのぐことができます。
そこそこ稼いでいる人なら、1000円位、パチンコでもすれば数分で消えてしまう。

考え方を変えられるのなら、1000円でも大切に使って、お金の価値を再認識すれば自然に貯まっていくはず。

自分も、書きながら思い当たる節があり反省です。