FC2ブログ

10㎝屈折経緯台改装



先日、オークションで屈折用2インチ接眼部が手に入ったので改装することにしました。

視野で星が踊るのも改善できなかったんでこちらもやりかえることに。

まず、接眼部に製作から入り、今日仮組みまでできました。

125×100のVU管用インクリーザーと100VUパイプを加工しCリング+2mmプラ板+0.3mmプラ板で接眼筒の外径に合わせてネジ止め。

やっぱり大きいですな。反射用接眼筒を使った前作と比べると余計に。

これで、鏡筒は20cmほど切断して、上下軸を改装する工程になります。

スポンサーサイト

高級接眼レンズ Er25㎜




8/9木曜日の夜。 何気なくスコープタウンの通販HPを見ていると谷光学のアイピースが全て準備中となっており、「メーカー生産遅延により・・・」とありました。
谷光学のアイピースは全て高齢の社長さんが一つずつ手作業で組み立てをされておられるとのことでしたので、すぐに理解できた。

エルフレ25mmは以前から欲しいと思っていたが、谷光学のケルナー40mmと25mmを持っているので迷っていたのですが、在庫があれば最後のチャンスと思いスタークラウドさんの通販HPを見るとまだ3個あったので手持ちの現金を確認して代引きで1個注文したのです。

8/10金曜日。発送のメールをいただいたので、再度スタークラウドさんのHPを見るとエルフレ25㎜は販売終了になっておりました。ギリギリ間に合ったということですな。

8/11土曜日の18時半ごろ、届いたので早速、開封して喜ぶ。

8/12日曜日。救急箱で作ったアイピース入れを改装してツアイスサイズのアイピースも収納できるようにして格納しました。ツアイスサイズの物は30年前に購入したミザールのオルソ9mmとケルナー25mm。入手した中古望遠鏡についていたオルソ4mm、ミッテンゼーハイゲンス6mm、ケルナー25mmを入れました。

和時計をつくる 22



強は、夜用天符組み立てと鈴柱の組み立て。

しかし、組み立てやすいようによく考えられてます。
小さいビスを多用して簡単に確実に組み上がるように作ってますな。