FC2ブログ

スカイドリームGX9000 ①



先日、落札したジャンク品。送料込み2600円。

なんで、こんなもんを手に入れたかと言うと完成した10㎝屈折経緯台の架台が、あかん。
少しの風でも土星が踊りくさる。上下動の作りが悪いんですな。水平微動などは何ら問題なく220倍でも土星を追尾できる。上下微動を使うと激しく土星が踊るのです。

架台を作り直そうかと思ったとき、鏡筒径がほぼ同じの10㎝級反射赤道儀のジャンクを手に入れて載せてみることを思いついた次第。

さすがにビクセン製などは高価なためこれでもええかと入札してみたら落札できたと。

入金した当日に発送してくれて翌日到着。とりあえず組み立ててみて仮に10㎝屈折鏡筒を載せて動かしてみると何とかいけそうな雰囲気でした。
反射鏡筒の方は光軸が狂っているが低倍率なら十分使えそうな雰囲気なのでこいつは自作架台に載せて気軽に使える望遠鏡にしようかと考えました。

と言うことで、当面は改造のネタですな。

スポンサーサイト

D51形蒸気機関車 151



炭水車の石炭ですが、いかが致すべきか思案しておりましたが紙粘土で大体の型を作り上に小石のフリカケをかけてセミグロスブラックを吹いてみることにしました。

小石は鉄道模型の情景用を使うことにしました。

まずは、紙粘土で型作り。 
結構いい重さになりますな。自作台枠の強度が少し気になりますな。

D51形蒸気機関車 150





ナンバープレートに薄く蒸気機関車の本体の色を吹いてつや消しをしてから切り出して貼り付けしました。

斜めから見るとやはり平面であるし、艶も消えてないのが良く判りますがまずまずの雰囲気になりました。

元が実車のナンバープレートなんで当然ですな。

追加

実車の写真も追加します。

D51形蒸気機関車 149


あれから、大体の塗装もしてナンバープレートの製作で試行錯誤しておりました。
もう、わしのウデでは無理と判断しました。
エッチングパーツと考えたがカネがかかりすぎる。

と言うことで、実車の写真からナンバープレートを切り出して印刷して貼りつけるという姑息な手段を採用すことにしました。

しかし写真の縮小で手間取ったがよい寸法に収まりましたわ。

明日から切り貼りします。