FC2ブログ

D51形蒸気機関車 75



庇の取り付けを忘れていたので、庇とランボードと接着してから、いっぺん塗装をしてみました。

なかなか良い感じにニンマリ。

スポンサーサイト

D51形蒸気機関車 74


メーターなどの白色塗装と逆転機ハンドル、加減弁ハンドルの取り付け。

加減弁ハンドル。取り付けてから塗装したら天井の梁を汚してしまいました。

横着は、あきませんな。

D51形蒸気機関車 73


さて、座席が間違っていました。四本足ではなかったので作り直し。
まぁ、こんなもんでしょう。

焚き口まわりも塗装しなおして良い雰囲気になったかと。

D51形蒸気機関車 72


キャブの内部塗装とボイラー焚き口まわりの塗装をしました。機関士席と機関助手席も。
座席の足はもっと細いのが正しいのですが見えない部分になるので手抜き。

あとは、メーターの内部と水のゲージの部分の白色塗装。逆転機と加減弁ハンドルの取り付けと速度計等の小物の製作と取り付けになります。

今回はアッサリ仕上げてみようと思ってます。内部は。

D51形蒸気機関車 71



このキットは省略が目立ちます。

ボイラーの焚き口のフタもそうやし、機関士、機関助士席も無い。

この辺は省略すると雰囲気が出ないでしょうな。

と言うことで、また伸ばしランナー製のバルブハンドルとフタの製作をしました。
あと、逆転機ハンドルと加減弁ハンドルと。

D51形蒸気機関車 70




天井のスライド窓を少し加工してキャブをボイラーに取り付けてみました。

加減弁引き棒の後半部が上手くキャブの穴に入り安堵。

ランボードは歪みが多く様子見ながら修正です。
まだ接着はしてませんが雰囲気を楽しむ為に載せてみました。

D51形蒸気機関車 69




キャブの天窓のスノコとか間違えているのに気づきました。

こうなると作り直しです。 結果、良い感じになりましたな。

天井の梁は大袈裟に作ってます。
内部は大仰な感じに作ったほうが良いかなと思いまして。

D51形蒸気機関車 68




加減弁引き棒の取り付け位置がどうも気になるので更にいじってみてこの辺で止める事にした。
まぁ、この辺が手の打ち所でしょうなぁ。

キャブの天井板貼りをしました。うかつにもスノコの所も貼ってしまい、気づいて、めくったら汚くなってしまいました。
「ええいくそ。いっその事天井を空けてスノコ貼り直しちゃれ」となりました。

結果として、良い雰囲気になりました。

 

D51形蒸気機関車 67





キャブの製作に入り、梨地削りをしていると重油タンク後部の加減弁引き棒が長いことに気がついた。

やはり気に入らないので作り直しをしたがこれが時間がかかりました。
製作はそれほど掛からなかったが取り付けで難儀しましてな。指について外れたりピンセットはら飛んで探したりと。
どうにかこうにか取り付けできました。まぁ、昨日のより雰囲気が出てると思います。

D51形蒸気機関車 66





ボイラーの階段のような踏み板?正式名称は分かりませんがこれの追加と、加減弁引き棒の製作。

加減弁引き棒まわり。ちょっとクドくなったような感じになりました。

まぁ、塗装したら雰囲気が出る方に期待しましょうか。