FC2ブログ

D51形蒸気機関車 22




主連棒やらクロスヘッドの左側を組み立ててから右側にかかる段取りで進めておりました。

組み立てようとすると加減リンクの右側を加工していたことが判り、右側を切り出してメッキ剥がしからやることにした。

左右の間違いを防ぐつもりでしたが、まぁこんなもんでしょうな。

メッキを剥がしている間にシリンダー安全弁と空気弁をメタルカラーで塗装した。
両方とも、仕上げが荒く艶が出ませんわ。反省材料です。

右側の空気弁は塗装もしくじったな。また修正か塗りなおしですな。

スポンサーサイト

D51形蒸気機関車 21



クロスヘッドや主連棒などの塗装と磨き出し。

やっぱり、クロスヘッドは手を入れた甲斐がありました。

塗装箱。換気扇に換えたんで効果絶大です。
洗浄ラッカーを噴射してても臭いが気になりません。

D51形蒸気機関車 20



今夜も駆動関連の修正を致しました。 

クロスヘッドは気の済むところまで加工したので良しとしましょう。

もうちょっと加工したい部分もありますがこれで止めときます。

D51形蒸気機関車 19




昨日、塗装用の箱のファンを特売換気扇に換えた。これで制作費は2580円となりました。
夜は年賀状などで模型は休み。

今宵はメッキパーツの剥がしとクロスヘッドの修正。これは途中まで。

オリジナルの『しょくぱんまん』のような顔立ちはいただけません。
これで、ちっとはマシな顔になったかと。

D51形蒸気機関車 18




シリンダーブロックの塗装をしました。

接着剤の痕などよく目立ってます。これは筆塗りではわからない事でした。

今回は、塗り重ねた塗料の痕と言うことにしておきましょうかね。

まぁ、実際の模型は拡大せんので良しとしておきましょう。

塗装用の箱(ブースと言うのはおこがましい)。馬力が足らん。2700円で換気扇売ってたな。

これに変えよう。今のんは卓上扇を改造して取り付けたもので吸引力が足らん。

くさいくさい。

D51形蒸気機関車 17




シリンダー安全弁を真鍮釘で作ってみました。

さて、取り付けてみると雰囲気が出たような気がしましたが、写真で拡大するとお粗末ですな。

尻棒案内は先端が丸かったので平らに擦って先端に穴を開けて雰囲気を出したつもり。

もうちょっと短い方が良い様な気もしますが。

蒸気機関車資料として


入手したもの。その他、昭和十年、二十年代の書物もオークションで手に入れました。

スタイルブックは10月ごろ、D51のCG本は3日前にオークションで。
蒸気機関車図面集は本日届きました。これは新品です。
この3冊は強力な資料になりますな。

ボーナス時でないと買えませんわ。

D51形蒸気機関車 16



排水弁の梃子を少し整形してから他の部品を取り付ける。

形になってきましたがシリンダー安全弁のパーツが無いようである。

組み立て説明書にも載ってないので省略されているのでしょう。

C53、C51のキットには付いてました。

D51形蒸気機関車 15




21時から自由時間となったのでもう少しシリンダーブロックの加工をした。

中央の蒸気室排水弁の配管カバーと思われるふくらみを追加して今日は終わりです。

少し幅が足りませんでしたな。まぁええわ。

明日も忘年会のため、また模型は休みです。

D51形蒸気機関車 14



シリンダーブロックの楕円形点検窓の下側のボルトは伸ばしランナーで付けてみた。

ドレンバルブは色々考えてみたが、真鍮線を埋め込んで梃子を4つに分割してアロンアルファで接着することにしました。
それなりの雰囲気は出たと思います。

明日は忘年会。 模型は休みです。