FC2ブログ

C51形蒸気機関車 64




炭水車につや消しクリアーを塗り、機関車のナンバープレートにもつや消しを塗り、ひとまず完成としました。

後は線路を塗装して、機関車、炭水車の最終点検をして致命傷が無ければ完了です。

スポンサーサイト

C51形蒸気機関車 63




炭水車の塗装をしました。

セミグロスブラックとスモークを混ぜて少し赤みのある黒を目指しました。

台枠の方はセミグロスブラックとダークコッパーとブランウンを混ぜて高級鋳物の色にしたが派手すぎたので薄めた黒を塗って汚しときました。

明日は塗り残しの点検及びつや消しクリアー塗ります。

C51形蒸気機関車 62




最終の連結器開放てこを取り付けて組み立ては終わりました。

しかし、し難いですな。上手く行きません。やっぱり取り付け前に寸法出して曲げるのが一番かと。

後は炭水車と線路の塗装で完成です。

C51形蒸気機関車 61



最後の細い部品であり、バリの固まりであったハシゴ。予想通り難航致し、更に2箇所折れ。

これは真鍮線で作るのはきついのでコツコツとバリ取り及び修理。

右側の取っ手も折れましたがこちらは真鍮線で作り取り付け。

残りは連結器開放梃ですな。

C51形蒸気機関車 60


今日は凝ったことも無く、ただ部品を付けただけでした。

もう一息で完成ですが、完成が惜しくなるような不可思議な感情が湧きました。

C51形蒸気機関車 59



妥協すると言いながら、諦めの悪いことをする癖があります。

今回は更に悪化させることは無く何とかなりました。

炭水車後部のモールドを真鍮線に変えて満足していたが、写真を見て気落ち致しました。

まぁ、塗装で何とかなるかと。

C51形蒸気機関車 58



今宵は、あきません。下側の配管を取り付ける際に例の如く折れたので真鍮線で作り直そうとしたが上手く行きません。
致し方なく消えた部品は真鍮線に変えて取り付けしたがこれまた上手く行かない。
ちっとイライラが出てきたので止めました。
結局、1時間以上掛かってこれだけと言う不甲斐なさでしたな。

ココは妥協と決めました。

C51形蒸気機関車 57



今宵は炭水車と台枠の接着まで。

台枠2台の水平が出るように荷重を掛けて明日まで放置とします。
暫く観察したが傾いてこないので大丈夫でしょう。

C51形蒸気機関車 56





炭水車の台枠の組み立てを。これも組合せの修正で時間が掛かりました。

接着を待っている間に、先日のナンバープレートが少し小さかったのでもう少し大きくしたのと交換致す。

今度のナンバーは字のサイズを13にして、『大15 日立』 と 『和』はサイズは6のままでゴシック体にした。

かなりよくなった様な気が致しますな。

接続してる炭水車はC53のです。

C51形蒸気機関車 56


今日は従輪の塗装。
メッキを剥がしたので機関車の動輪と同じ雰囲気を出すには如何致すべきかと思案しつつ試行錯誤となりまして。

今日のところは下塗りしたタイヤ部分にクロームシルバーを綿棒に含ませて擦り付けるといい感じになりましたが、斑が出る。

この辺が次の課題ですな。

兎に角、スモークで汚し塗装して動輪と似た雰囲気になったとおもいます。