FC2ブログ

C51形蒸気機関車 ⑮



キャブ内部はこれで完成として、次の段階へ入ろうと。

とりあえず砂撒管をつけることにして、ールドを削ったが、ボイラーを張り合わせた段階で削らねばなりませんな。
上手く行かなかった。そして真鍮線でつけてみた。上部の砂箱へ取り付けるパテで盛って成型で出来るやろうと思ったけどこれも上手く行きませんな。
ランナー削って部品作った方が良かったですな。

スポンサーサイト

C51形蒸気機関車 ⑭




今夜も罐まわりの塗装を。

汚し塗装と麗馬原さんの蒸気機関車スペシャルを参考につや消し黒にライトグレイを混ぜた色を塗装してみました。

何となく雰囲気が出たような気がしますが。

C51形蒸気機関車 ⑬



今日も罐まわりの塗装をしました。メーターの針も書き込んではみましたが。

ごらんの通りで。

その内上手くなると思っておきましょう。

明日は、アルコール部の活動があるので続きは金曜日に。

C51形蒸気機関車 ⑫




今夜は罐まわりの塗装をやってみました。

まぁ、それなりになってきたような気もしますが自分の腕ではこの辺が限界かと。

C51形蒸気機関車 ⑪



今日もキャブ内部を色々といじる。
逆転機も作り直して、塗装も始めました。透明プラ板は塗装しても透けるので最低2度塗りが必要です。

天井板はウッドブラウンで塗ってみた。汚していったら雰囲気がでるかな?

C51形蒸気機関車 ⑩



手を入れるのは止めると言いながら今日も罐まわりに手を入れてしまいました。
罐左側の配管モールドはメーターの配管と判明したので例の如く、ランナーでメーターと取り付け板を作る。

その後、麗馬原さんの『キャブ天井板張り』を模倣させていただいた。
適当に買ってきた0.2ミリのプラ板は封を切ってみると透明でした。
よく見ると透明と書いておりました。

だんだん気合が入ってきたのでキャブ内部ももっと凝ってみようかと愚考中です。

C51形蒸気機関車 ⑨



やっぱり、アリイの蒸気機関車シリーズ。
加減弁レバーとかの細い部品が切り離した瞬間に折れました。

で、真鍮線で作って取り付け。

このキットを作るときは真鍮線は必需品ですな。

C51形蒸気機関車 ⑨



先日のバルブハンドルが気に入らないのでもう少し加工して見ましたが、
やっぱり今ひとつ。

しかし、前より良くなっているのは確かと思います。

罐まわりはこのくらいで止めようと思います。

C51形蒸気機関車 ⑧



今日も罐まわりに凝ってみる。

バルブハンドル。 ランナーで作ってみたがパッとしませんな。
まぁ、毎度の如く『無いよりマシ』で行くことにします。

ここは、麗馬原さんのようにエッチングパーツで決めた方が良いですね。
D51のときは、マネさせていただきます。

C51形蒸気機関車 ⑦


今日も罐の焚口周りの配管をつけてみる。やっぱり罐は配管で決まる感じ。

しかし、これだけするのに40分ほど掛かった。

アロンアルファでメッキが溶けました。