FC2ブログ

ヤンマー K-2 ディーゼル発動機 ⑨









23日(日)午後より、台の木枠を作りかける。
色々考えましたが、元の形にすると言うことにしました。
バラして置いていた台から寸法を測り切って穴開けて。4時ごろ、嫁と子が帰って来て作業終わり。

24日(祝)朝から洗濯機まわしながら作成の続き。ボルトの買出し。
元のボルトを使う算段でしたが、木をSPF2×4材にしたので寸法が足らずでした。
仮組みして発動機を載せて取り付け位置を出して、取っ手を取り付けて完成。
もう少し全長を短くした方が良かったかも。

1、横木の切り出し
2、縦木の切り出し
3、仮組 23日はココまで
4、組みあがり
5~7、発動機を載せた状態
8、オイル抜きのパイプ

スポンサーサイト

ヤンマー K-2 ディーゼル発動機 ⑧









シリンダーヘッドは金曜日に外して洗浄しバルブの擦りあわせやりかけたところで用事発生。
今日は、バルブ擦りあわせとヘッド取り付け、冷却水ホッパー洗浄と水張りテスト実施しました。

バルブ擦りあわせ。家の万力の都合で下向きに取り付けできず横向きにしてゴムと充電ドリルを使って研磨しました。これも初体験なんで、様子見ながら実施。こんなもんでしょう。
冶具作って研磨するべきでしょうが丁度、ゴム円柱があって大きさも良かったので充電ドリルを当ててバルブへ押し付けてやってみました。

冷却水ホッパー。どうしても桝が外れん。諦めて排水口より水注入して洗浄しました。
排水も綺麗になったため水張りテスト。クランク室とシリンダーヘッドより水漏れが無いか確認。

来週は圧縮漏れのテストと木の台の製作になるでしょう。

1、外したヘッド
2、バルブの部品構成
3、万力へ取り付けたところ
4、研磨途中
5、ピストン上死点
6、下死点
7、水張りテスト
8、水抜き中

ヤンマー K-2 ディーゼル発動機 ⑦







今日は、ガバナーと噴射ポンプを駆動させる部分とクランクケースの洗浄。
オイルライト分解とパッキン製作。シリンダーヘッド取り外しをしました。
特に問題になる部分は無く、故障など無いようです。
やはり、燃料噴射ポンプに原因があるようです。
来週の作業はヘッド洗浄、バルブの擦り合せ、ピストンヘッドの洗浄になるでしょう。

1、クランクケース内の掃除。ピストンに不具合は無いので抜かずに手を突っ込んで掃除。パーツクリーナーを吹いてクランク、歯車も洗浄。その後、摺動面にオイルを滴下して動かす。
2、ガバナーの様子。回転速度上昇に従い遠心力が増して爪が開き心棒がせり出してスロットルレバーに当り、噴射量が増さないようになっております。
3、噴射ポンプ駆動装置。カムになってます。駆動する方の摺動面はローラーになっております。
4、オイルライト。ギヤポンプで回って来たオイルがオイルライトの回転部分を回し、ガバナー室に落ち込んで行ってクランク室に戻るようになっています。
5、ピストンヘッド。汚れが少ないです。予想外でした。しかし冷却水の来る部分が泥で汚くなっております。錆だけでなく泥水などで冷却してたのでしょう。
6、シリンダーヘッド。こちらも汚れが少ないです。使用頻度が少なかったのかも知れません。

ヤンマー K-2 ディーゼル発動機 ⑥









今日も洗浄実施。今日は裏返して下部を念入りに洗浄しました。

大体洗浄が終わって、クランク室を開け、オイルライトの部分を外して観察。
オイルパンにストレーナーが見えたので右側の部分、外側についていた部分を外してみるとギヤポンプでした。
ギヤポンプで各部へオイルを圧送してるようです。ポンプのヘッドを外してみるとパッキンが無い。
取り付け用のプラスネジの頭がナメていたので付け忘れでしょうか。
ポンプトストレーナー部分もパッキンがヘタって千切れていたのでプリンター用紙でパッキン作って取り付け。
たぶん洩れないでしょう。昔、ジープのデフのパッキンを端末用紙で作って取り付けたことがあるし。

しかし、単純な作りながら上手く出来ていますね。分解もし易く分解修理を前提に作られてるように思いました。
この辺は、カメラも同様で、昔のは分解しやすく作られています。

1、機械を裏返したところ。
2、揺れ腕とロッドの部分。
3、機械を立てにして掃除するところ。
4、揺れ腕とロッドを外し掃除完了。泥がいっぱいでした。
5、クランク室の様子。
6、ギヤポンプの位置。右側下。ヘッドを外してみたところ。
7、ポンプ本体とヘッドを外したところ。
8、ギヤポンプの様子。

ヤンマー K-2 ディーゼル発動機 ⑤







今日は、月一の土曜日週休の日なんで、午後より清掃を実施。

洗油つけながらブラシで擦り、ウエスで拭いいて行き。
元のミドリ色が出てきて見栄えも少しマシになりました。

木の台も取り外して見ると、台木が割れてまして作り直しですな。
まぁ、ドロドロに汚れてキタナイので最初から作り直すつもりでしたがね。
ボルトやワッシャなどオリジナル金具は使いますが持ち運び用取っ手の金具のネジがかなり悪いので
都合によれば吊り金具に変えてワイヤーで吊り上げるように考えてます。

明日も清掃の続きをして、内部も清掃するつもりです。