FC2ブログ

リコーフレックスⅦSシチズンシャッター付き







3100円で落札したリコーフレックスⅦSシチズンシャッター付きにカラーバック(リコーキン)が入っていました。
カラーバックとは35mmフィルム用の中枠のことでこれだけでも1万円以上で取引されています。
シチズンシャッター付きも滅多に見かけませんから儲けものです。
セルフタイマーは故障していますが充分使えます。

1枚目 正面より。
2枚目 シチズンシャッター 速度目盛り 。
3枚目 シチズンのネーム。
4枚目 カラーバック正面。
5枚目 フィルムの様子。フィルムが入ったままでした。
6枚目 フィルム押さえ板をつけたところ。

スポンサーサイト

ペンタックスS2 二台目修理③ シャッター幕取り付け







シャッター幕の取り付けです。ボンドはG-17を使用しましたが接着しにくかったです。
それに、やはりシワを伸ばしてからスリット金具を取り付けたほうが良かったようですね。
支障はないと思いますが、ちょっと気に入りません。

1枚目 後幕の本体部分の接着
2枚目 シャッターを巻き上げて、後幕のリボン部分の接着
3枚目 取り付けの終わった後幕の様子。上手く貼ったつもりでも歪んでいます
4枚目 先幕のリボン部分の接着
5枚目 シャッターを巻き上げて、先幕の本体部分の接着
6枚目 シャッターを切って取り付け完了

完全に接着できればシャッター速度の調整です。

ペンタックスS2 二台目修理② シャッター幕の作成




HPで検索しているとシャッター幕を100円ショップの収納ポーチの生地で作る方法がありました。
早速、100円ショップに出かけましたが収納ポーチが無い。
探していると自転車エプロンと言うものがあり、帰ってから見てみると使えそうなので今回はこれで幕を作りました。
生地に伸びる方向があるのでちょっと気をつけます。引っ張ってみれば判ります。
これで上手く行けば100円で大量に作ることが出来ますね。

1枚目 自転車エプロンの様子。前カゴに付けるものです。
2枚目 シワをそのままにして切り出した幕。支障はないと思います。
3枚目 生地に弱くアイロンをかけて切り出した幕。

今回使うのはシワを伸ばさないで切り出した方を使います。

ペンタックスS2 二台目 修理① 分解




ジャンク3台セットの二台目です。
これも前回と同じく1/500の機体ですがこちらの方が綺麗です。
同じく分解された跡があり、前板のシムが4枚ともありませんので自作せねばなりません。

今日は分解とシャッター幕取り外し、洗浄、清掃で終了です。

2枚目 シンクロ接点の板がグラグラして折れそうだったのでハンダで補強しときました。
3枚目 ペンタプリズムに貼っている布が前回のと違います。

ペンタックスS2 試写






フィルムはネオパンアクロスISO100。使用期限が1年切れていました。
冷蔵庫保管なので大丈夫でした。ミクロファイン標準現像。

結果はまずまずで心配していた前板の歪みも、自作シムも大丈夫のようです。
気軽に使うには充分と判断しました。

ぺンタックス S2 修理④ シャッター速度調整



シャッター速度調整はこの位で妥協して組み立ててもう一度確認してから試写してみました。
シャッター速度は1ヶ月くらいすると落ち着くということなので写真の出来具合を見て来月に再調整してみます。

ペンタックス S2 修理③ 一筋縄では行きません。







ペンタプリズムをS2物に載せ替えてシャッター速度調整に入りました。
大体の所まで調整が終わった時、ミラーが上がりっぱなしになってしまいました。
すぐに分解したところ、ミラーを戻すバネが折損しておりました。
前回のSVのバネを取り外して交換し再びシャッター速度調整に入りましたが疲れてきたので止めました。
次回も速度調整です。

1枚目 S2用プリズムの清掃。
2枚目 SV用とS2用の比較。SV用はプリズムカバーがあります。S2用はプリズムの上に布を貼っています。
3枚目 折損したミラー戻しバネ。
4枚目 戻しバネ交換終了。
5、6枚目 テレビを使った簡易速度調整の様子。

ペンタックス S2 修理② 組み立て







シャッター幕の張り替えに難儀してようやく上手く行きました。
今日は、ミラーボックスの取り付けから上部の組み立てまで行いました。
後はシャッター速度調整のみとなりました。

1枚目 ミラーボックスの取り付け。シャッターとの連動ピンの取り付けに一苦労しました。
2枚目 低速が渋いのでガバナーを洗浄して少し注油すると右の星型ギヤとストップ金具が滑るので再洗浄しました。まだ渋い目です。
3枚目 ストロボ接点が折れてしまいました。40数年の経年劣化のようです。
4枚目 前面板(レンズ取り付け部)のシムを一枚なくしてしまったので紙とアルミの端切れで作ってみました。
5枚目 前面板の下部の様子。かなり荒い分解をしたらしく歪んでます。どの程度影響があるかこのまま組み上げて調べてみます。
6枚目 底板以外全て組み立てました。ウカツなことにペンタプリズムをSVのものと間違えて取り付けてしまいました。使用には問題ないですが。